小島よしおと流行語大賞の歴史

小島よしおの持ちネタ「そんなの関係ねぇ」が、2007年ユーキャン新語・流行語大賞にノミネートされたことが、たくさんのメディアで報道されました。

新語・流行語大賞とは「現在用語の基礎知識」を発刊している自由国民社が、年間を通じて広く世間に浸透したり影響を与えたりした新語・流行語を選ぶというものです。
この新語・流行語大賞は、2007年で24回を迎えた長い歴史のある賞です。

小島よしおの「そんなの関係ねぇ」は2007年新語・流行語大賞トップテン入りは果たしましたが、惜しくも大賞は逃しました。
小島よしおが大賞を逃した新語・流行語大賞には、宮崎県の東国原知事の「(宮崎を)どげんとせんといかん」が選ばれました。

また最年少で男子プロゴルフツアー優勝し一躍有名になった石川遼さんのニックネーム「ハニカミ王子」も、小島よしおがノミネートされた新語・流行語大賞で大賞を受賞しました。

小島よしおと同じく新語・流行語大賞でトップテン入りしたお笑い芸人は過去にもたくさんいます。
2005年のレイザーラモンHGの「フォー」、2004年ギター侍(波田陽区)の「っていうじゃない・・・○○斬り」などは記憶に新しいところかもしれません。

しかし小島よしおと同じ新語・流行語大賞トップテン入りを果たしたお笑い芸人の多くが、その年で姿を消したことから、小島よしおも一発屋芸人になるのではないかと噂されているようです。

小島よしおも一発屋芸人と呼ばれる瀬戸際にいるようで、次のヒットするようなネタを考えているそうです。

小島よしおの新語・流行語大賞トップテン入りした「そんなの関係ねぇ」は、以前先輩DJからいきなり話をふられた際に思わず口をついて出たのがきっかけだとか。

小島よしおのネタは自虐的ギャグが多く、「そんなの関係ねぇ」でバッサリと切ってしまうところが面白いです。
新語・流行語大賞トップテン入りした小島よしおの「そんなの関係ねぇ」は、使い勝手もよいので忘年会や新年会などのかくし芸などでよく使われたようです。

来年度は小島よしおにとって、一発屋芸人と呼ばれてしまうか否かの勝負の年になると言えるでしょうね。


| ネタ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。