小島よしおとクレヨンしんちゃんと夢の共演

大人気アニメの映画『クレヨンしんちゃん ちょー嵐を呼ぶ 金矛(キンポコ)の勇者』と映画『名探偵コナン 戦慄の楽譜(フルスコア)』が初日を迎え、レギュラー声優陣とゲスト声優の舞台あいさつが行われた。

『クレヨンしんちゃん ちょー嵐を呼ぶ 金矛(キンポコ)の勇者』の舞台あいさつでは、しんちゃんをはじめとする野原家一家と、お笑い芸人の小島よしおが登壇し、子どもの大人気者同士という夢の共演が実現した。

劇中、体操のお兄さん役として登場する小島よしおは、マッチョな上半身にビキニパンツ1枚という完全に小島よしお本人として描かれてるが、今回はいつものビキニパンツ1枚ではなく、赤いTシャツに黄色のズボンという“しんちゃんルック”で登場した。

そんな小島よしおは、しんちゃんに人気急上昇中の女芸人、エド・はるみの「グー!」を浴びせられつつも、今イチ押しの新ネタ「ラスタ・ラスタ・ピィ〜ヤ」を披露した。

小島は「自分の顔がアニメになって、かなり不思議なドッペルゲンガーを見た気がします。
10分と短いアフレコでしたが、声優の楽しさを知りました」と喜びのコメント。

一方、しんちゃんを担当している声優の矢島晶子は「先ほど舞台袖でしんちゃんの声をやらせてもらっていましたが、小島さんがとても独特なので、絡むのが難しかったです。なので言おうとしていた感想を忘れました」とコメントし、迷コンビの“舌妙”なやり取りに場内は爆笑に包まれた。     シネマトゥデイ映画ニュースより抜粋



【アニメ商品対象】映画 クレヨンしんちゃん ちょー嵐を呼ぶ 金矛の勇者



小島よしお歌手デビュー

お笑いタレントの小島よしおが人気アニメ「ケロロ軍曹」(テレビ東京系、毎週土曜日午前10時)のエンディング曲「だいじょうぶスッポンポン・フレンド」で歌手デビュー。

「芸能界に入ったきっかけは、『ケロロ軍曹』のエンディングテーマを歌いたかったから……」と大喜びの小島よしおは「(曲の中に)自分のギャグを取り入れているので、ノッて歌えた」と話した。

親交のあるロックバンド「ポルノグラフィティ」のアキヒトさんに「自信を持って歌うこと」と歌唱指導を受けたといい、「スペイン語、韓国語、英語など外国語バージョンも出して全世界を一つにしたい。
ランキングはもちろん1位」と野望を語った。
そして「子供がほしい。自分の子供とケロロ軍曹のエンディングテーマをコラボしたい。
相手はいないが目標は年内に……」と思わぬ願望も告白した。 

エンディング映像ではケロロ軍曹たちが小島よしおのような海パン姿を披露している。     2009・5.22 Yahooニュースより

「そんなの関係ねぇ」と「オッパッピー」の次のギャグがないけど、
まだまだ小島よしお一発屋にはならず頑張っているみたい。
がんばれ!!

TVアニメ『ケロロ軍曹』エンディング主題歌::だいじょうぶスッポンポン・フレンド

小島よしおとランキング情報

小島よしおが様々なランキングに顔を出しています。

小島よしおがランクインしているランキングのひとつに早稲田大学と聞いて思い浮かぶ有名人というものがあります。
小島よしおは残念ながら5位という成績でしたが、上位にランクインしたということはお笑い芸人としてかなりの認知度があるということです。

小島よしおが5位に終った早稲田大学ランキングで1位に輝いたのは女優の広末涼子のようです。
広末涼子と小島よしおは同じ学部の同級生ということもあり、在籍時は主に小島よしおのほうから積極的に話し掛けていたそうですね。

また2007年最も検索された男性芸能人というものもあるようです。
小島よしおが6位にランクインしたこのランキングで堂々の1位に輝いたのは小栗旬です。
花より男子の花沢類役で脚光を浴びたイケメン俳優である小栗旬は、2007年の最も旬な芸能人と言えるかもしれません。
しかしながらランクインした大半がイケメン芸能人というなか、異彩を放った小島よしおは大健闘でしょう。

2007年お笑いピン芸人として大活躍した小島よしおは、お笑いだけでなく、ネタに使った曲や身につけていた衣装である海パンなど多方面に影響を与えました。

ランキング1位になったものの大半は小島よしおのネタに関係するもののようです。
「そんなの関係ねぇ」「オッパッピー」が2007年流行語大賞トップテン入りしたことが、小島よしおのブレイクを如実に物語っていると言えるかもしれません。
学園祭キングを予想したランキングでも1位になった小島よしおは、同様に2007年にブレイクしたムーディ勝山(6位)を堂々と抑え、向かう所敵なしという感じですね。

軽快なレゲエのリズムと独特の雰囲気を持つ小島よしおは、学園祭を大いに盛り上げてくれると多くの学生に支持されたようです。


小島よしお初単独ライブにして、初DVD。小島よしお単独ライブ「小島よしおのカチョマンテ」

小島よしおとレゲエ音楽の普及

小島よしおは「そんなの関係ねぇ」が2007年流行語大賞にノミネートされた大変人気のある若手お笑い芸人です。

小島よしおのネタは心躍るようなリズムに乗せて、ネタを披露していくという形です。
小島よしおがネタに利用する曲はレゲエというジャンルの音楽。
レゲエとはジャマイカではポピュラーな音楽のひとつで、独特なリズムが心地良い音楽です。

小島よしおが利用したレゲエは、小島よしおのネタの面白さから火が着き、携帯着メロダウンロードランキングでも上位に入り、レゲエという音楽を多くの人に広める結果になりました。

小島よしおのレゲエは海外のアーティストによる楽曲のようですが、日本にもたくさんのレゲエ歌手がいます。
私が好きなジャパレゲエのアーティストの一人にKEN−Uというアーティストがいます。
素晴らしい曲ばかりで、聞いていると体が自然と動き出し、ウキウキとした気分になります。
歌詞が日本語なので意味がそのまま分かりやすいのが良いようです。


送料無料!!【CD】NEXT CRUISING/KEN-U ケン・ユー

またジャパレゲエでは女性アーティストもおり、その代表がMINMIで、夫はジャパレゲエの代表とも言える湘南之風の若旦那さんです。


小島よしおの持ちネタ「そんなの関係ねぇ」「オッパッピー」が歌詞に入ったジャマイカの歌手が歌うレゲエもあると聞いたことがあります。
ジャマイカの歌手はイベントで日本に来た時に小島よしおのネタをテレビで見て閃いたようで、すぐに「そんなの関係ねぇ」を歌詞に盛り込んで曲を書き上げたようです。
小島よしおのネタを利用したこのジャマイカンレゲエはジャマイカだけでなく、日本国内でも大変人気があるようです。

ジャマイカの歌手のおかげで、小島よしおは世界的なコメディアンになってしまいました。

そんなの関係ねえレゲエ〜スペシャル・エディション

小島よしお愛用海パンのヒミツ

小島よしおはステージに海パンひとつで出演することから、お笑い芸人の中では裸芸人というジャンルに分けられているようです。

小島よしおの海パンはブーメランパンツと呼ばれる生地の小さい水着です。
足を動かし易くするために小さく作られたブーメランパンツは、主に競泳用として利用されています。
小島よしおが利用する海パン水着は数種類あるようで、一番よく目にするのは緑の縦じまの入ったものです。
小島よしおがこの海パンを伊勢丹で購入したと公表したところ、たくさんの人が詰め掛け完売状態になったらしいです。

小島よしおの愛用する海パンは、フランスの「HOM(オム)」というブランドのものです。
そのブランドの中でTAMARISというシリーズの海パンを小島よしおは利用しています。
小島よしおだけでなく海パンも人気になってしまいました。

小島よしおが愛用するHOMの海パンは下着メーカーとして有名なトリンプが輸入しているそうです。
トリンプ社はHOMのイメージと小島よしおのイメージがかけ離れていることから、当初ブランド名の公表を差し控えていたという噂もあったとか。
小島よしお愛用海パンは、HOMの2007年春・夏用だった為に、入手は困難なようです。
一説にはHOM海パン人気を心配した小島よしお本人が買い占めたとの噂もあります。

小島よしお愛用の海パンブランドであるフランスのHOMは、流行に左右されない独自のセンスが光る男性下着専用ブランドです。
ですが、男性下着専用ブランドHOMは独自のスタイルからか、知らない人も多く、小島よしおの海パンとして一躍国内で有名になりました。

小島よしお愛用の海パンは、海パンのみならず他の男性用下着にも多大な影響を与えています。
見えないところである下着に気を使う女性は以前から大変多かったのですが、男性も見えない部分に機を使うおしゃれな人が増えたということかもしれません。


小島よしおの生い立ち秘話

小島よしおというお笑い芸人を知らない人はいないでしょう。
あの日本人離れした濃い顔立ちと、鍛え上げられた筋肉、均整のとれた体格と派手な色彩のブーメランパンツは一度目にしたら忘れられませんよね。

2007年に脚光を浴びた若手お笑い芸人には柳原可奈子、にしおかすみこ、藤崎マーケットとたくさんの芸人が名を連ねているようです。
その中でも小島よしおは群を抜いて広い年齢層に受け入れられた若手お笑い芸人と言えるようです。

小島よしおは1980年11月16日生まれの27歳(2008年1月現在)。

11月16日生まれの芸能人と言えば、内田由紀やダルビッシュ有の奥さんであるサエコ、お笑いの大先輩オール巨人などがいるようです。

また小島よしおの出身地は沖縄県久米島です。
沖縄といえば女優の仲間由紀恵や歌手の安室奈美恵、プロゴルファーの宮里藍、先輩お笑い芸人ではガレッジセールなど各分野で大活躍している人がたくさんいる県ですね。
小島よしおが沖縄に住んでいたのは実質数ヶ月のようですが、母の出身地である沖縄をこよなく愛しているそうです。

小島よしおは早稲田大学出身で広末涼子と同級生だったそうで、フリートークでは幾度となく広末涼子とのキャンパス内でのエピソードを話しているようです。

小島よしおは早稲田大学在学時からお笑い芸人として活動していたようですが、当時はピン芸人ではなく数人のグループだったとか。
その後現在のようなピン芸人としての活動を始め、2007年第5回お笑いホープ大賞に出場し、激励賞を受賞した実力を持つそうです。

小島よしおの持ちネタは自虐的な前フリを「そんなの関係ねぇ」「オッパッピー」で切っていく痛快さが特徴。
小島よしおの「そんなの関係ねぇ」は、2007年流行語大賞トップテンにも入賞しました。

一気に大ブレイクしたことから一発屋芸人と危惧されているようですが、小島よしお本人は逆風をもろともせず、むしろ一発屋をネタに取り入れて笑いを取るという根性を見せています。

一発屋にならないよう、新しいネタも取り入れてがんばってほしいですね!
タグ:小島よしお

小島よしおの馬名エピソード

2007年最もブレイクした若手芸人として知られる小島よしおの持ちネタである「そんなの関係ねぇ」は、2007年流行語大賞トップテンにランクインしました。

また小島よしおが愛用するステージ衣装とも言える海パンも大ブレイクし、あちらこちらで完売状態だそうです。

小島よしおのネタである「そんなの関係ねぇ」は、日常生活でも使いやすいことから広い年齢層に好まれ、忘新年会のかくし芸のひとつとして大人気だとか。

また小島よしおネタの際に利用する曲も人気となり、携帯電話の着メロとしてダウンロードする人が多かったようです。
小島よしおは2007年、最も様々な分野に影響を及ぼしたお笑い芸人と言えるかもしれません。

小島よしおの大ブレイクに影響されたもののひとつに馬名があります。

小島よしおので持ちネタである「そんなの関係ねぇ」を、そのまま名前にした「ソンナノカンケーネ」は2歳の牡馬です。
「ソンナノカンケーネ」の馬主である加藤さんは、老若男女に人気のある小島よしおのネタ「そんなの関係ねぇ」を名づけることによって、競馬の人気を高めようとしていたようです。

小島よしおのネタが名前となった「ソンナノカンケーネ」は、2007年11月10日に東京競馬場でデビューしました。

小島よしおのように大ブレイクした人や物にあやかって馬名をつけることは珍しくありません。
サッカートルシエやホシノベッカムなどは2002年日韓共催サッカーワールドカップの際、トルシエ監督やベッカムの人気にあやかってつけられた馬名です。

また小島よしおのネタが名前である「ソンナノカンケーネ」とは一味違う、ホシノオウジサマやアカズキンチャンなどという文学的な馬名のついた競走馬もいたとか。

競走馬の名前を登録管理するJRAにも登録の際の色々な決まりなどがあるようですが、規定内であれば馬名は結構何でも良さそうです。

馬名にまで持ちネタが浸透した小島よしおに続いて、これからもたくさんのお笑い芸人発の馬名が登場するかもしれませんね。

小島よしお人気にあやかって、「ソンナノカンケーネ」もずば抜けた成績を・・といきたかったのですが、未勝利のまま、登録抹消となったようです。。



タグ:小島よしお
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。